3月子育てひろば

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月8日の子育てひろばは、2組の親子の参加でした。
今年度最後の読書は「最も楽しい事業」。
「私の子育てのイッピン」を持ち寄り、スタッフも含め全員で紹介し合いました。ホーローのおまる、育児記録、自分の幼い頃の迷子札、お父さんと子どもの交換日記、羽仁もと子選集「おさなごを発見せよ」、お留守番ノート、絵本、友人宛のハガキ……一つひとつの逸話に胸が熱くなりました。
Mさんは、小学生の長男さんの「おいしいお料理ありがとう」の言葉を、目を潤ませて話しました。子育ては与えるものとばかり思っていたけれど、もらっているものが多いと言うことに気付いたそうです。
お昼は一品持ち寄りの会食です。
幼児のいる食卓にふさわしい料理が並びました。
生活リズムと食事をテーマにしてきた子育てひろば。調理実習を生活に生かしていること、「待つ」が子育ての合言葉になったこと、そしてなによりも親子の成長をスタッフ一同嬉しく思っています。
来年度も応援していきます。
 image1_1